インデックス投資を放置して、セミ無職になるブログ

私の年収は200万円です。ですがもちろんフルタイムで働く気はありませんからご心配なく…

クズに徹して、年度末退職するのが金銭的にはいいかもしれない。

あと数か月で辞めてやらあ、と思ったのはいいものの、やはり現金100万ちょいでのセミリタイアは心許なすぎる。

 

無収入の状態が半年とか続いたら、残金50万円ちょいくらいになる。

流石に心に余裕がなくなるぞ…50万円なんて。

というのが、ここ1年間の生活で感じたこと。

 

現金200万円にすれば、だいぶゆとりを持てるんじゃないかと思っているが、後現金100万円貯めるということは、100万円貯金するということである。

 

そのためには、年度末まで勤務しなくてはいけない。いや、年度末まで勤務しても足りないけど、さすがにそれ以上は無理筋。

 

何とか今の所で、体が破壊されずに勤務を続けなくては…

クズに徹する、それが頭におぼろげに浮かんできた。

 

魑魅魍魎な同僚、契約何それ美味しいの?な客、こんなやつらをまともに相手していたらダメだ。

虎穴に入ろうとする、というかぶち込まれたなら、こちらも虎あるいはアフリカゾウくらいにならなくてはいけない。

クズの弱肉強食だ。より強いクズが生き残っていく世知辛い世界観、もはや正気を保とうとしてはダメで、瘴気をぶちまける気概でいく。

仕事は同僚に振りまくり、改善案など出さず、言われたことしか絶対にやらないし、そもそも言われないように上手くかわす(物理的に距離をとる)、自分からは動かねぇ。

 

これって、昔いた現場にいた私が嫌いだったやつみたいな感じだ。

なるほどそうか、その人も同じ気分だったかもしれない。厳しい生存競争の果てに生み出された可哀想な化物の類だったんだな、たぶん。

 

さてさて、この方針で年度末まで逝くと決めたけど、またぶれる可能性は大いにある。

ミイラ取りがミイラになったはいいものの、またミイラ取りになって退却する場合もある。あるいは、ミイラになり切れず腐るのか。