セミリタイアとは(哲学)

セミリタイアがわからなくなってきた。

現在の勤務形態はセミリタイアといってもいいような感じだが、ストレスがまあまあある。

 

仕事ぶん投げ+害悪遅延行為上司、仕事ぶん投げ同僚、平なのにやっていることは責任者etc

給料の割に合わねぇぞ禿といいたい所だが、とりあえずはまだ様子見状態。

 

勤務日数が少ないといえども、ストレスがあってはセミリタイアと言えるのか?

仕事によるストレスから逃れるためのセミリタイアのはずなのに、ストレスの直撃を受けている。これがセミリタイアと言えようか?(いやない)

 

普段は能書き垂れ流しのくせに、いざ仕事振られるとすぐお手上げして他の人に丸投げするようなメンタルの持ち主ならば、楽に仕事をして生きれるのに、と怨嗟の声が漏れる。

 

私に合う仕事・環境に未だ出会ってないのも多分にあると思うが、仕事…するもんじゃねぇ。

あるいは、やるんだったら個人事業主の方がいいのかもしれない。

 

こんなこと言ってもすぐにどうなるという話でもなく、結局は現状維持をしばらくする他ないが、また別の何かを考えなくては…

 

長くは持たんぞこの状況は。