これからの生活に悩む日々

4月から始めた仕事に慣れ、職場の奇虫も掌握しつつある現在、セミリタイアの方針について考えることが増えてきた。

 

今の状態が一番楽なのではないか?と。

朝6時という超絶早起きするのは嫌だが、仕事は楽で職場の人間関係も問題になるほどでもない。

 

過去の仕事では、ストレスからなのか夜中に目覚めてしまったりして体力の損耗がしゃれにならなかった。

 

現在は中途覚醒みたいなことはない。朝起きると眠いには眠いが、擦り減っていく感はない。

 

前回記事のような、給料を下げられる目にあったら退職上等で待遇交渉するが、それも損得勘定で甘んじて受け入れる余地もあるなと思い始める。

 

となると、後は趣味、要は釣りがネックとなる。

セミリタイア生活を楽しむ趣味がおろそかになっては、どうしてセミリタイアと言えようか(反語)。

 

現在住んでいる所はクソ便利で非常に気に入っているが、釣りに関してはなかなかに厳しい。

 

ルアーでアホみたいにメッキやらアジとか釣れた日々が恋しくて仕方がない。

この過去の甘い思い出が私に「釣りの聖地に引越せよ」と一生囁いてくる。

 

だが、釣りをするにいい離島は生活基盤を確保するのが大変で、車が必須となれば正直家賃とかの固定費が今とあまり変わらないことになりそうだ。

 

リスクをとってリターン(釣り天国)をとるか、はたまた現在の環境で工夫し楽しみを見出すか。

 

悩ましい。。とりあえず、ルアー・ワーム釣りに拘るのは止めて、餌釣りを解禁し様子を見てみるしかない。