全世界株VTを放置してセミリタイアするブログ?

投資のことなんてわかりやせん

内地での釣りワカラン、サケノミタイ

先日、引越して初の釣りに行ってきたが、う~ん厳しい。

寒くて1時間で撤退し、釣果はカサゴ2匹のみ。

 

初見の場所+夜釣り+ワームという出家のための3連単

初見の場所では昼にどんな場所か様子を見に行き、とりあえず釣れる生き餌を使うのが定石だと勝手に思っている。

 

にも拘わらず、初っ端夜釣りで疑似餌を使うというもはや坊主になるために行ったとしか思えない舐めた釣行をした。

 

舐めてはいるものの、とりあえず防波堤の際沿いを攻めるという坊主逃れの定番を初手から決めていく。

もはやこの男、出家したいのか破戒僧になりたいのか訳の分からん状態である。

 

予想に反してワームを落ちパクでかかってきたのが15cmくらいのミニカサゴだった。

私はロリコンでないため、このようなちっこいカサゴは即リリースする。

 

さらにねちっこく際沿いを攻めカサゴを釣るもやはり小さい。

厳しいなこれは。

釣り人と野次馬の多さにビビる

それにしても釣り人が多かった。こんな密で釣りするものなのかと思った。

 

そして野次馬が気さくに話しかけてくる。釣れましたか?と。

話しかけるパターンとバッカンをじろじろ見て無言で立ち去る不審者パターン。

 

どちらも面倒だが、不審者はなんなんやと思う。

お経でも唱えたら成仏してくれるんかなと心の中で毒づく。

やはりこの男、出家済みかもしれない。

釣れなくて自棄ノンアルコールビールするも物足りず

不眠症打破のため、アルコールを封じ、ノンアルで我慢するも味が、味がどうも違う。

 

最近のノンアルコールビールは進化したともっぱらの評判があるけど、どうにも味が違う。

やはりアルコールが必要なんだ。私には。

この男、やはり坊主ではなく、破戒僧のほうであった。