全世界株VTを放置してセミリタイアするブログ?

投資のことなんてわかりやせん

あなたにもう会えなくて寂しい~散々戦争してきたイスズミに会えなくなる日が近づくと切なさが止まらない~

仕事や引っ越しやらの準備やらで、今の場所でもう釣りをするのはできないという事実に直面した。

フエダイやらに会えなくなるのはとてつもなく残念だが、まさか外道イスズミを釣ることがなくなるというのも思いのほか…

 

南方地域での花形ならぬ糞形イスズミには散々世話になった

内地での釣りをほとんどしたことがない私にとって、よく見かけるお魚はイスズミ・サンノジ・アイゴだった。

しかもアベレージサイズが40cmという恵まれているんだか悪夢といえばいいのかよくわからん環境でやっていた。

 

最初のほうは喜んでイスズミを釣っていたが、クソをぶっかけられたりで徐々に浅からぬ因縁が育まれていった。

 

イスズミを釣っては海に返すという賽の河原方式。

やるせない。

 

あまりにイスズミしか釣れなくて、氏ねぇぇぇぇぇぇ!!と言い、サメの近くにぶん投げてやったこともあった。

 

そしてサメが食いつき、サメ同士でイスズミの奪い合いになっている様を見て、

何でイスズミが食われているんだ...と訳の分からんことを思ったりもした。

 

そんな感じで順調にイスズミとの思い出を作っていった。

この強くて臭い絆はそう簡単にはなくならないのか。

 

いざ、イスズミに会えなくなることを実感すると、哀愁が俄かに感じ取れる。

 

ああ、何だかんだであいつのことは憎からず思ってたんだなと、

失って気づく大事なことみたいに今なっている。

 

新天地でのイスズミ枠はできるのかどうか...

内地での釣りを経験せず、引きの強い外道どもがやたらと釣れる場所で釣りを始めたため、内地に行ったら引き味に物足りなさを感じる可能性がやたらと高い。

 

また、イスズミのような引きの強い外道と戦争することはあるんだろうか。

 

たぶん、ない。そんな唯一無二のくせぇやつなんて次に住む場所にはいないはず。

イスズミだけに糞残念だ。

 

引越して釣りをする当初はかなり苦戦するんだろうな。

何だかんだで釣りには恵まれた場所にいたから。

 

まさに私の戦いはこれからだ!といった感じ。

セミリタイアのこともあるし。

 

tadano-budai.hatenablog.com