全世界株VTを放置してセミリタイアするブログ?

投資のことなんてわかりやせん

リスクを取っておけばと思うこともあるけど、保険をかけといて結局良かったかもしれない

 今まで仕事とか人生の選択において、リスクを避けた行動を取りがちで後悔することが多かったような気がする。やりたい仕事があっても不安定そうに見えたり、激務に見えたりでどうにも踏ん切りがつかんかったこととか。やらない後悔のほうがヤバいというのは身に染みて感じるこの頃だ。

 という面もあるけれど、リスクを取らず人生の保険をかけといて良かったと思うこともある。具体的には年をとっても比較的就職しやすい設備管理の仕事の経験を過去に積んでいたことだ。正直あまり設備管理の仕事自体に興味はなく、完全に失職時の転職のしやすさと体の負担の無さとかで選んだ仕事で、完全にもしものときのためだけの選択だった。

 保険にある意味逃げたのけれども、セミリタイアに失敗してまたフルタイムの仕事につかざるを得ない状況になったとき、割と簡単に仕事にありつける安心感に気づく。電験3種と第二種電気工事士があれば割とどうにでもなる感が半端ない。保険が保険として機能して、セミリタイアというある意味リスキーな選択肢がとれるんじゃないかと思い始めた。

 そう考えると、今までの選択は完全に間違えではなかったかもしれない。それはこれからの結果でわかることでしょう。