全世界株VTを放置してセミリタイアするブログ?

投資のことなんてわかりやせん

ハナアイゴ~その毒針では私の釣りを止めることはできない~

f:id:tadano_budai:20210217211039j:plain

ハナアイゴの概要

  • 分類 スズキ目アイゴ科アイゴ属ハナアイゴ
  • 味 ? アイゴは食べたことなし。
  • 引き味 強い引きで根に潜ろうとする
  • 釣り方 ウキ釣りでオキアミに食う。サビキでも意図せず釣れてしまう

毒針に刺されると酷く足首をくじいたような痛みが襲う

磯の毒針魚として名高い上に良く釣れるという、毒の期待値が高い魚だ。刺されると激痛が襲うとかよく言われているが、そんなことはない。

毒針の刺さり具合にもよると思うが、血が2mm直径で出てくるようなレベルで刺されたときの場合の痛みは、足首を重度の捻挫で痛めたときの状態と似ている。それが刺された指とかに出現する。

そして、血が何故か30分~1時間くらい止まらなかった。その間、血をちゅぱちゅぱ吸い出していてもだ。

このような症状を聞けばわかる通り、釣りを中断するレベルの痛みではない。痛いには痛いがその程度なので、過剰にビビる必要はない。

毒よりも臭いがきつい

アイゴという魚は毒がクローズアップされがちだが、釣りあげたときの臭いのほうが個人的には気になる。

個体差はあるが、酷いやつだと釣りあげた瞬間に掃除が全くされていない公衆便所のような臭いがしてくる。

腹を開いたわけでもう〇こ漏らしたわけでもない、ただ単にそのままの姿で便所臭が漂ってくる。

これだけで食べる気が失せるため、私はアイゴを食べたことがない。毒と臭いの両刀使えるアイゴは他の外道よりも頭一つ抜けた外道だ。

仕掛けの例

tadano-budai.hatenablog.com

釣るだけならアイゴは楽しい。ぎゅんぎゅん竿を曲げてくれてくれる下品な引きでいい。釣りに行ったら一回は引き味を味わいたいような魚だ。