全世界株VTを放置してセミリタイアするブログ?

投資のことなんてわかりやせん

ニセカンランハギ~外道たるものう〇こ漏らすべしという鉄の掟でもあるん?~

f:id:tadano_budai:20210215192134j:plain

ニセカンランハギの概要

  • 分類 スズキ目ニザダイ科クロハギ属ニセカンランハギ
  • 味 ★☆☆☆☆ ニザダイ科特有の臭いがある癖しかない白身にサラダ油を嫌がらせの如く塗りたくったようなやべぇ味
  • 引き味 重量感ある下品な強い引き
  • 釣り方 ウキ釣りで勝手に食ってくる

ウキコマセ釣りの典型的な外道

ウキ釣りの典型的な引きの強い外道の1匹。引きは確かに強い。竿をグングン曲げて、これ以上曲がらないと思ってもまだしつこく曲げてくるほどパワーはある。

ただ如何せん引き方が下品なんよな。イシガキダイのようにシャープで美しい引きではなく、乱暴に引くような、なんか育ちの悪さが見え隠れするような引きだ。

スタミナは普通水準で大体2回根に突っ込もうとするが、それを凌げば割とすんなり上がってくる。しかし釣るのはいいけどあげてからが問題で...

釣りあげると大体う〇こをまき散らし、尾びれ前のトゲは凶器

こいつを釣りあげると大体元気よくもりもりもりっとう〇こをまき散らす。冗談じゃなくもりもりもりwwwという感じ。プシャーとかじゃない。

上の写真でも案の定ぶちまけたため雑モザイクを入れている。このク〇のまき散らしで大体食う気は失せるはず。

う〇こが危険なことは元より、実害がやばいのが尾の手前のトゲだ。触ってみるとそれほど鋭利なわけではなく丸みを帯びている。

しかしながら暴れたり何かの拍子に動いているトゲにぶつかるとスパッと切れる。私はこいつで指をスパッと簡単に抉られた。

血が止まらなくて、何故か持っていた絶縁ゴムテープをぐるぐる巻きにして釣りを続行したのはいい思い出だ。良い子は手を抉られたら大人しく病院にいったほうがいいかもしれない。

見た目ブサイクで味はやばくてう〇この達人で愛すべき魚

こいつは調理方法や個体差にもよるだろうけど、私の食べたものはぶっ飛んでいた。捌くと白身とは思えないほど油が包丁について、つきすぎていて気持ち悪い。ギトギトとまるで油の塊を切っているかのようだ。

この時点で嫌な予感しかしないが、口に含むと驚く。ニザダイ科のあの何とも言えないくせぇ臭いが鼻を刺し、ギトギトした下品な油が口の中で嫌らしく残り続けてクソほどまずい。

上品な油というものの概念を、この下劣極まりない油を食べることで理解することができる。

 

ここまでコケにしまくっているが、おそらく調理方法により化けるタイプの魚だろう。これを好んで持ち帰って食べる人もいるにはいるので、何かあるのだろう。

私はトラウマを植え付けられて以降、二度と口にしていないが。私にとってはどうしようもないニセカンランハギであるが、こいつの姿が見えないなら見えないでなかなか寂しいものだ。なんだかんだで腐るほど見てるこいつはそれなりに好きなのかもしれない。

仕掛けの例

tadano-budai.hatenablog.com

上記のようなウキ釣りの仕掛けで招いていないのに釣られてくる。外道だが、引き自体は強いので楽しめる。でも一般的には外道だ。海に帰れぇ、またな!!と爽やかな挨拶をしよう。