全世界株VTを放置してセミリタイアするブログ?

投資のことなんてわかりやせん

ボラ~最初の突っ走りはミサイル~

f:id:tadano_budai:20210212201225j:plain

ボラの概要

  • 分類 ボラ目ボラ科ボラ属ボラ
  • 味 ★★★★☆ 魚の旨味を感じさせ美味しい
  • 引き味 ファーストランはスピード・パワーがありミサイルみたい
  • 釣り方 サビキ釣りは簡単、浮き釣りはなかなか食わない

釣り初心者にお勧めのボラ。簡単に釣れて引きは強い。

釣りを始めた当初は堤防でサビキ釣りをして小っちゃい魚を釣って楽しむが、引きは弱いため、段々作業に感じられて飽きてしまうかもしれない。

そんなときにお勧めなのがボラのサビキ釣りだ。ボラがいればまず釣れるほど簡単に食わせることができて、かつ引きは強いので手っ取り早く楽しめていい。

 

サビキ仕掛けを水面近くでゆさゆさしてアミエビをばら撒くとすぐにボラが寄ってくる。何の迷いもなくボラはサビキ針に食いつき、しばらくその場でモガモガと頭を振る。

すると突然沖に向かって猛スピードでダッシュする。この時のパワーとスピードに、初めてボラを釣る人はビビるだろう。私は初めてボラをかけたときは軽くパニックになった。止まらないドラグというものをこのとき初めて体験するのだ。

その直線番長っぷりはまさしくミサイルで、ボラで魚とのやり取りを覚えるのが手軽で面白い。水面を泳ぐので、根がかりの心配がないのもポイントが高い。

 

サビキ釣りでは簡単にヒットするボラだが、ウキフカセ釣りで針にかけるのはなかなか難しい。目がいいのかよくわからないが、とにかく餌を見切る。

ボラを釣ることだけが目的なら大人しくサビキ釣りにしたほうが無難だ。サビキ釣りにした途端にすぐにヒットするほど、ボラはサビキに関してはアホになる。

 

手軽で引き味も楽しめるボラだが、周りに釣り人がいるときは要注意だ。ボラの走る方向をうまくコントロールできないとそこら中走り回って周囲に迷惑をかけること間違いなし。釣り人が多い場所でサビキ釣りするときはボラがいないか要チェックだ。

綺麗な所で釣れるボラはうまい

南のほうの地域で脂の乗った魚が少なく、淡白な魚が多いような場所ではボラは間違いなくかなり美味しい魚の部類だ。

刺身で食べると淡白な味ではなく、噛むたびに魚の旨味が楽しめる。魚の味が濃いと言えばいいのか、癖は少ないながらも味はしっかりしている。

個人的には醤油なしでも美味しく食べれるレベルだ。何か美味しい魚を食いたいなぁと思ったときは手っ取り早くボラを私は狙う。

仕掛けの例

f:id:tadano_budai:20210213172153j:plain

ボラが竿で届く範囲まで近づいたらウキは取ったほうがやりやすい。水面付近でカゴをゆさゆさすると水面近くでサビキに食いつく。

ドラグが緩いとボラを止めることができないが、きつくても針外れや水面ジャンプを誘発する。適度なドラグで最初の走りを止めるとサイズにもよるが、後はせいぜい2回くらいダッシュすることがあるだけで、水面付近を通常の哨戒速度で動くだけになる。

こうなったら引き寄せてタモですくうだけだ。とどのつまり、最初のミサイルダッシュをどうにかするのがボラ釣りだ。