全世界株VTを放置してセミリタイアするブログ?

投資のことなんてわかりやせん

セミリタイアのための魚釣りのコスパを考える

f:id:tadano_budai:20210208203126j:plain

アジ2匹分のタタキで腹いっぱいになる

魚釣りのコスパは移動手段と疑似餌にあるか

 例として1回の釣行で少なくとも上の写真の量が2回分取れた。使用した消耗品は

  • PEライン 2円分
  • ハリス 6円分
  • ジグヘッド+ワーム 0円(損傷無し)
  • 保冷剤 0円(使用無し、有ってもタダみたいなもの)

 これに移動費は自転車のため0円で計8円。丸めて約10円で2食分なので1食驚異の5円。ジグヘッドとワームを一個ずつ消耗すると大体150円くらいなので、それでも1食80円ほど。

 スーパーでこれくらいの量が取れる魚体を買うと270円くらいか?少なくとも80円ではまず食えない。やはり釣りはお買い得だなぁ。

 この脅威のコストパフォーマンスの鍵は自転車釣行とワームとかで餌代がかからないことにある。餌代は馬鹿にならない。オキアミやらアミエビやらを使うと一回の釣行で平気で500円とか使う羽目になる。セミリタイアの支えにするにはそれではいかん。

 ルアーやらワームのテクニックを磨き、自転車でしんどい思いをしても平気なように鍛える必要があるなぁ。セミリタイアはなかなか厳しい世界のように見える。