全世界株VTを放置してセミリタイアするブログ?

投資のことなんてわかりやせん

あの時こうすれば。その選択をする能力があればそういう風になっていたはず。(FXでビビ利確)

 S&P500のCFD取引で買ったのを忘れて一週間放置してしまい、含み損がえらいことになっていたが、ナンピン買いで窮地を脱した。それはいいのだが...

完全にS&P500の力を侮っていた

f:id:tadano_budai:20210207210519j:plain

US500Cash日足チャート。まさか高値を突破するとは

 最初の買いのタイミングがうんこ極まりないのだが、その後のナンピン買いは文字通り尻拭いとしては最良に近いものだったはず。が、利確にビビってしまった。これ以上上がらんだろ、どうせ高値付近でもにょもにょ動いてレンジ相場やろと判断し、早めに利確してしまった。

 しかし、S&P500は強かった。高値を突破し力強く伸びていった、私の利確ポイントを遥か彼方に置き去りにして。これでも元本の20%以上の利益なので、博打もいいところだが、人間利益を逃したとなると悔しく思ってしまう。

あの時こうすればという仮定は成立しない

 私に高値にビビらない度胸と適切な判断力があれば、あの時ポジションを持ち続けることができただろう。実際は見ての通り、度胸も判断力もなかったため必然的にあそこで利確して後悔してしまった。

 後悔したときはいつもこのように考えて平静を取り戻す。私に最良の選択肢を取れる能力がなかったから、必然的に失敗した。仮に初見で同じ場面に出くわしても同じように失敗する、能力がないからと。自分にその選択が取れるはずだったと思いあがっているからこそ、後悔するのであるから、そうじゃないぞと自分を論理でボコり納得するようにしている。

 結局物事はなるようにしかなってないと考えたほうが、現実味のない、してもしょうがない後悔などしない。それよりかは失敗に真面目に向き合うほうが建設的だ。