全世界株VTを放置してセミリタイアするブログ?

投資のことなんてわかりやせん

VTの分配金利回りの経年変化(VTの増配について)

f:id:tadano_budai:20210124133654j:plain

ある年の始値を基準とした各年ごとの分配金利回り

 

VTをある年の始値で購入したときの分配金利回りの表

例)2010年の始値でVTを購入した時、分配金利回りは2010年時点では2.10%だが、2020年には3.51%になっている。

仮に2010年当初に$1000分買ってそのまま放置していたら、2010年で分配金が$21.0貰えるが、2020年には$35.1ほど貰えることになる。

 

例のごとくバンガードの公式サイトの分配金とかを参考にExcelで作った。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン - 商品案内 - バンガードETF

分配金利回り3%は割とすぐに達成しそう

表を見ていると、大体4,5年で分配金利回りは3%を超えそうだ、順調にいけば。

2020年はクソウイルスのせいで分配金はさすがに結構下がり、利回りが悪化している。しかし、そのうち復活するはずだ。

 

値上がり益を主としつつも分配金利回りも割と期待できるので、インカム投資にもVTは使えるんじゃないかと思う。

鬼のように国際分散しつつも分配金利回り3%超えを狙えるETF、それがVTだ。

 

しかし例のごとく、アメリカ専業優良ETFのVOO,VTI,VIGなどと比べてはならない。

やつらは化物だ。

トータルリターンはVTを凌駕、分配金も増える。

これだけ聞くとVTにいいとこがあるのか若干謎になるが、いい意味でも悪い意味でもVTは世界平均を狙っているので、気にしないほうがいいかも(震え声と足の痙攣)。