全世界株VTを放置してセミリタイアするブログ?

投資のことなんてわかりやせん

VTをポートフォリオに入れるとき重複に注意(VOOの構成銘柄はVTに全部入っている等)

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)は全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上をカバーするイカれたETFだけに、他のETFと構成銘柄がダダ被りする可能性が極めて高い気がした。

ので、調べてみるとVOOの構成銘柄はVTに全部入りだったりした(2020年11月30日のデータ)。

 

となると、ポートフォリオにVTを入れると気が付かぬ間に変に偏るかもしれない。

例えば、以前のタダノブのようにVOO50%VT50%のポートフォリオだと、実質VOO73.5%+その他先進国・途上国26.5%のようにS&P500にかなり投資することになる。

調査方法

  • バンガード公式サイトからVT、VOOなどの構成銘柄リストをダウンロード
  • ExcelでVOOの構成銘柄がVTにあるか関数で検索

VOOの結果

f:id:tadano_budai:20210107214049j:plain

VOOの構成銘柄をVTから見つける

 構成銘柄リストを入手したら(バンガード・インベストメンツ・ジャパン - 商品案内 - バンガードETF)、後はExcelに検索させる簡単な作業。

INDEX関数とMATCH関数の使い方はネットかExcelのHelp参照。

どうでもいいが、バンガードのHPはクソほど重いときがあるのである意味注意。自分だけ??

f:id:tadano_budai:20210107215605j:plain

フィルターでデータの一覧を見て、VOOの銘柄がVTにあるか確認

 VTでの銘柄の構成比を抽出した列のフィルターで、データの一覧を見る。

検索で見つからなかった場合は#N/Aとなるが、データ一覧に#N/AがないのでVOOの構成銘柄は全てVTに含まれていることになる。

そしてVTでのVOO銘柄の構成比の合計は、

f:id:tadano_budai:20210107221726j:plain

VOO銘柄はVTで46.9%近く占めている

このように、VTの46.9%を占めるのはVOOの銘柄であるので、VTはもはや半分VOOみたいなものである。

そしてVOOはS&P500のETFだが、構成銘柄数は509あるのね。知らんかった。

ダークソウルで四人の公王と言いながら五人以上でてくるようなのと同じだ。

 

ちなみに上の表でHollyFrontierCorpというのが名前的になんじゃそりゃと思って調べてみると、石油精製企業だった。

英検3級の実力を誇るタダノブはHolly(セイヨウヒイラギ)をholy(神聖な)と勘違いしてやべぇ企業だと思ってしまっていたのだ。

HollyFrontierCorpさん、すみませんVTを通じて投資します。0.006%ほどだけど。

 

しかしこれだけではVOOの構成銘柄比とVT内のVOO銘柄の比率が同じとは限らない。

例えばVOOでアップルは6.34%含まれているが、VT内のVOO銘柄を全体としたときのアップルは6.44%含まれている。

まあ大体同じだが、これが他の構成銘柄でどうだという話。グラフで示すと、

f:id:tadano_budai:20210108203242j:plain

構成比の比較

銘柄の構成比が同じに近いほどグラフが滑らかになるので、大体同じなのがわかる。

実際、銘柄の75%がVOOとVTで0.003%以内の違いしかない。

銘柄の473番目がぴょこっと出ているが、これはBerkshire Hathaway Inc. Class Aでかのウォーレン・バフェットがCEOの会社らしい。

それ以上のことは謎に包まれている。

VTは半分VOOみたいなもん

以上から、VTの構成銘柄の半分近くはVOOなのでポートフォリオにVTとVOOを入れる際は気を付けないとアメリカにかなり偏重してしまう。

そういった戦略ならいいのだが、国際分散してぇという人は正直VTだけでいいのではないかと思ってしまう。