レバレッジETF損切利確狼狽売りしたったお(^ω^≡^ω^)

さすがに放置しきれなかった(^ω^≡^ω^) おっおっおっおっ

機会損失の方を重視したお。

 

実のところ、今の値の30%くらい上方で既に損切していた。

正確にはダブルバガーで利確と言えるんだが、一時期3~4倍近くになっていたことを考えると、気持ち的には損切である。

 

自分の投資の下手さに辟易するわ~利食い千人力だよなぁ。でもなかなか難しいんだなあ…

これに懲りてもう、ワタシレバレッジのガチホをココロミルことないヨ。

 

しかし、市場がもうちょい下落してくれれば、VTを60株買うことができるので良しとしたい。これで1000株になる。

 

7月までにVTを60株買えるかどうかわからんけど、7月ポートフォリオは公開するか。

VTと現金しかもっていない混じりけのないポートフォリオを…!

 

レバレッジETF売って清々したわ^ω^)凸

セミリタイアとは(哲学)

セミリタイアがわからなくなってきた。

現在の勤務形態はセミリタイアといってもいいような感じだが、ストレスがまあまあある。

 

仕事ぶん投げ+害悪遅延行為上司、仕事ぶん投げ同僚、平なのにやっていることは責任者etc

給料の割に合わねぇぞ禿といいたい所だが、とりあえずはまだ様子見状態。

 

勤務日数が少ないといえども、ストレスがあってはセミリタイアと言えるのか?

仕事によるストレスから逃れるためのセミリタイアのはずなのに、ストレスの直撃を受けている。これがセミリタイアと言えようか?(いやない)

 

普段は能書き垂れ流しのくせに、いざ仕事振られるとすぐお手上げして他の人に丸投げするようなメンタルの持ち主ならば、楽に仕事をして生きれるのに、と怨嗟の声が漏れる。

 

私に合う仕事・環境に未だ出会ってないのも多分にあると思うが、仕事…するもんじゃねぇ。

あるいは、やるんだったら個人事業主の方がいいのかもしれない。

 

こんなこと言ってもすぐにどうなるという話でもなく、結局は現状維持をしばらくする他ないが、また別の何かを考えなくては…

 

長くは持たんぞこの状況は。

心が折れる(釣り的な意味で)

心が…ほぼ折れている。

 

もちろん釣り的な意味で。

釣れないんじゃ、近所の釣りスポットで。

 

ルアーに拘らず、餌釣りをするも、魚の気配が感じられない。

釣れる気がしないというのはまさにこのこと。

 

リーサルウェポンのフナ虫を使うもダメだ。

 

無情にも過ぎ去っていく時間、くせぇ潮風が私の心身を摩耗させる。

 

やはり、充実した釣りライフを送るには離島に移住するほかないのか?

いや、まだだ。まだ渓流釣りをしていない。

 

渓流までちょっと距離があるが、やったことがないので遠出する価値はある。

渓流釣りが良かったら、山間部に移住するという選択肢も増える。

 

ダメだったら…離島で空き家バンクを活用し平屋でも安く買うしかねぇ。

その場合、家の修繕をDIYでほぼ全てやるという面倒くさい作業+購入資金を貯めるというハードルを乗り越える必要がある。

 

離島にしても山間部にしても移住するには結局金が必要だぁ…

複数候補に下見に行くだけでも、結構金がかかる。

 

VTをキリ番の1000株保有にはしたいから、それ込みだと、年収200万未満の糞雑魚オジサンにとっては計算したくない額貯めないといけん。

 

…VT、あと10%落ちないか?

そうするとアメリカ$ベースでは、含み損の領域に踏み入れるお…

\(^o^)/ハジマタ

VTの記事を消すVT投資ブログ

理由は2つ

・過去のデータで未来を予測できるわけでないので、過去データから未来の皮算用をする記事に意味を見出せないことに気づいた。

・餅は餅屋。投資素人が投資記事を書いてもしゃーない。

 

そもそも投資やら経済やらをろくに勉強したことがない私が、投資について語るというのは完全にエアプ勢によるクソコメントみたいなもの。

 

素人は素人らしく、VTを放置して分配金もらえた、わ~い嬉しいで済ませておくべきだったのだ。

 

そう、VTを見る私の目は、分配金が増えていくのをニヤニヤして見るイヤらしい目である。

 

もはや、VTである必要はあるのか?VYMとかの高配当ETFでいいんじゃないかという土台を揺るがす事態である。

 

このように、私の転職歴みたいにフラフラしまくっている投資方針、ブログに書いてもしようがない。

 

これからの投資関連の記事はポートフォリオと分配金のみにし、投資以外のエアプじゃない記事を書くようにする。そのほうがいい。

 

やる気がねぇ人のための仕事(設備管理)ガイドとか書こうと思っているが、もはやタイトル詐欺ブログになるなぁ。

これからの生活に悩む日々

4月から始めた仕事に慣れ、職場の奇虫も掌握しつつある現在、セミリタイアの方針について考えることが増えてきた。

 

今の状態が一番楽なのではないか?と。

朝6時という超絶早起きするのは嫌だが、仕事は楽で職場の人間関係も問題になるほどでもない。

 

過去の仕事では、ストレスからなのか夜中に目覚めてしまったりして体力の損耗がしゃれにならなかった。

 

現在は中途覚醒みたいなことはない。朝起きると眠いには眠いが、擦り減っていく感はない。

 

前回記事のような、給料を下げられる目にあったら退職上等で待遇交渉するが、それも損得勘定で甘んじて受け入れる余地もあるなと思い始める。

 

となると、後は趣味、要は釣りがネックとなる。

セミリタイア生活を楽しむ趣味がおろそかになっては、どうしてセミリタイアと言えようか(反語)。

 

現在住んでいる所はクソ便利で非常に気に入っているが、釣りに関してはなかなかに厳しい。

 

ルアーでアホみたいにメッキやらアジとか釣れた日々が恋しくて仕方がない。

この過去の甘い思い出が私に「釣りの聖地に引越せよ」と一生囁いてくる。

 

だが、釣りをするにいい離島は生活基盤を確保するのが大変で、車が必須となれば正直家賃とかの固定費が今とあまり変わらないことになりそうだ。

 

リスクをとってリターン(釣り天国)をとるか、はたまた現在の環境で工夫し楽しみを見出すか。

 

悩ましい。。とりあえず、ルアー・ワーム釣りに拘るのは止めて、餌釣りを解禁し様子を見てみるしかない。

目下の課題は資産状況ではなく仕事

投資界隈は爆損で市ぬ・買い時定期など、ごちゃごちゃになった感情のるつぼになっている。

 

私はサブ口座(保持株なし)でレバレッジETFがここまで上がったら売ってもいいという値でアラーム設置+VTがここまで下がったら生活準備費を切り崩して買ってもいいという値でアラームを設定。

 

アラーム通知が来るまで資産状況完全無視放置体勢を整えた。サブ口座はアラ専という証券会社にとってはゴミみてぇな客である。だがそれでいい。

 

資産状況はいいとして仕事よ。

面接の話+契約書での労働条件と実際が割と違い、給料が下がる憂き目にあいそうだ。

 

かなりいい加減で大丈夫かここ?と思うことがしばしば。

速攻切ってもいいきな臭さがあるが、とりあえず後一か月は様子を見てみようかと。

 

せっかく良さそうな勤務条件で働けると思ったのに糞があ~。

バナナうんこぱくぱくもぐもぐwwwとなっている反面、週3・4日勤務から週2日あるいは3日の仕事に変えるチャンスでは?と前向きに捉えているふしもある。

 

投資界隈と同じように、私の労働方針も混迷を極めているがどうなる?

2022年5月の資産状況…は不明

 

株価がけっこう下がっているらしく、資産を確認すると萎える可能性があるため、5月の資産状況は見ない。

 

ニュースでダウが下落していることはどうしても目に入る。私の所有ETFもかなり下落しているはずだが、口座にログインして実際に下がった数字を見なければセーフである。

 

株価が上がって都合のいい時は資産を見てニヤニヤすればいいし、株価暴落時は知らねで通用するのが長期インデックス投資のいいところ。

 

この、調子のいいときに擦り寄り、落ち目になったら無情にも相手にしないというクズムーブを貫いていく。